さゆろぐ

難病患者(SLE・SJS・うつ併発)の仕事と生活・・・全身性エリテマトーデス(SLE)・シェーグレン・うつ他

スポンサーリンク
★読者登録

amazon早っ! 昨日購入した本が、今朝9時前に届きました!「障害年金」

スポンサーリンク

こんばんは。さゆです。

 

やはり、本を読みこむのは難しい・・・

昨日、amazonで「障害年金」に関する本を購入しました。

世界一やさしい障害年金の本

こちらになります。

 

翌日配達とは言え、今朝9時前にうちに届きました・・・。

夜10時半ごろ、倉庫から発送されたようです。

すごいな。amazon・・・。

そこまで頑張らなくても、いいんだよ?

 

で、さっそく読んでいますが・・・。

やはり、難しく感じます・・・。

脳がふやけている感じ?

そして、脳が熱くなってきました。

これ。ちょっと本読んだらめっちゃ疲れました・・・。

 

でも、初診日は今の病院への診断書・紹介状で確認できるとわかりましたし、1年半後には一回目の休職してます。

休職後に退職もして、その後は不定期シフトのパート。それも辛くなり週二日勤務のパートを経ているので、1年半目の重症度の証明は出来るということですね。

 

問題は今。今の主治医がどの程度、私の病気を「うつ病」を理解してくれているか?「障害年金」への理解はあるか?そこらへんが、難しいのかもしれません。

 

証明するために、持っている書類をひっくり返しながらだったので、こんなに疲れちゃったのかな・・・?

 

まだ、1/3も読めていません。

ま。焦っても仕方ないですが。

 

「障害年金」だよ?手帳なくても申請できるよ!

 

「障害年金」は、ちまたでは「障害年金」と勘違いされがちです。

手帳は「障害者手帳」で合っています。

 

で、これらは実は連携していません。

例外は・・・精神疾患で「障害年金」を受けていると、その支払いを証明する書類があれば「精神障害者手帳」を同じ等級で出してもらえるということくらいかな?(もちろん、自己申告です)

 

療育手帳や身体障害者の手帳は、また診断書を別にとって、申請しなければいけないようです。そして、年金と障害者手帳の等級は別になることもある。とのこと。評価する機関が違うからです。

 

私の場合は手帳は3級ですが、年金が支給されるかは全く別問題。

今、どれだけ生活するのに自力では行えないか?とか、医師が分からないことをちゃんと伝えて、それらを診断書に反映してもらえなければ、まず申請は通りません。

 

そして、驚いたことに「障害年金」についての知識・認識がない医師も多いそうです。

実際、診断書を書いてもらえない方も多いそうです。

そこをどうやって理解してもらうか?ってところで、社労士さんの助けが必要になってくるみたい。

 

いろいろ細かく自分でも書類を作らなきゃならないみたいですし、

医師の診断書と内容があっているか?などもチェックしないと。

一回で申請を通すのには、そして自分が申請できるかどうか?を見極めてくれるのも、障害年金を専門としている社労士さんを通すメリットみたいですね。

 

とりあえず、社労士さんを探して、自分の場合は申請するのに該当するか?を聞いてみたいな。と思いました。

 

私の場合、初診日が2008年でした。10年経っています。

この場合、もし「遡及(そきゅう)」が認められても、

過去5年分まで。それ以前は「時効」となるそうです。

 

あとは重症度がどれくらいか?などをどうやって証明するのか???

今回は「うつ病」での申請になりますので、そこも問題ですね・・・。

 

本も読みつつ、「障害年金」特化の初期費用0円。明朗会計の社労士さんを見つけるのが先かな?

 あと、年金の支払い状況と初診日・初診日までの支払いなどについての証明も取らなければ。これは・・・Netでとれるのかな?

 

本日のご報告はここまで!

スポンサーリンク