さゆろぐ

難病患者の仕事と生活・・・全身性エリテマトーデス(SLE)・シェーグレン・うつ他

スポンサーリンク
★読者登録

皮膚科の敷居が高いので・・・

スポンサーリンク

左の肘がひどい状態です。

もう数年前からですが、ここのところ痛みも出てきて。

 

傷だらけのさゆです。

傷物?ん?

 

かかりつけの皮膚科

近所に評判のいい皮膚科があります。

ここに住みだしてからは、何かあれば

相談に行っていましたが・・・。

 

実に評判がよく、いつも大混雑です。

座る場所もないほど。

 

膠原病体質であることを見つけてくれたり、

自分では思いもしなかった

「弱い皮膚」を指摘されたり。

 

低温やけどでお腹の皮が破れた時は

こんなの初めて見た!と大笑いされたり。*1

 

今悩んでいる肘も、もう三年くらいたつのですが

行きそびれています。

他に医療費がかかりすぎているのもあります。

一番の懸念は、あの混雑でしょうか?

 

以前かかった急性の進行が速い蕁麻疹のような

発疹の時は、そんなことも言っていられず、

腕から始まって、見る見る間に

胸まで拡がり、気管支に及ぶと危険と言うレベルでしたので。

1日2度は受診。

土曜日は朝の診療前に特別に診てくださるなど

とても信頼している皮膚科医です。

 

今回は、見た目がひどいね。

から、皮膚の炎症がひどくなって

痛みが発生。触っても、もうボロボロな皮膚。

 

だけど、行きたくないよ~!

 

ということで見つけたのがこれ。

ユニークなネーミングでお馴染みの小林製薬さん。

ちなみに今回は、楽天さんで買っていません。

映像をお借りしました。

上の2本です。

 

塗ると少し楽。

膠原病の主治医に出してもらった保湿剤は

何かと話題のあのピンクのチューブでしたが、

ちょっと違ったみたい。

全く効かなかったのですが、

代謝促進成分や皮脂促進成分

のおかげか、固さも痛みも薄らいできました。

炎症も治まりつつあります。

 

去年発売だったのか・・・。

もっと早く知っていれば。

 

でもこれを知れたのも、ぶろぐを始めて

ネット上にいることが多くなったおかげ。

 

なにかとプラスなぶろぐ活動です!

 

*1:私は直貼りで、低温やけどでした。

皮膚の柔らかい場所は危険ですね。

スポンサーリンク