さゆろぐ

難病患者の仕事と生活・・・全身性エリテマトーデス(SLE)・シェーグレン・うつ他

スポンサーリンク
★読者登録

医療事務の資格ー「診療報酬請求事務能力認定試験」

スポンサーリンク

医療事務の資格

これから資格を取って

「医療事務」で働こうかな?

と考えている方はいらっしゃいますか?

 

私が一般事務から「医療事務」へ

転職したのは44歳の時でした。

 

「医療事務」ってね、

国家資格系の持っていないと

仕事ができない!

っていう仕事ではないんです。

 

ではなぜ、みなさん

資格を取るのか?

 

まぁ、基礎知識を勉強した。

と言う証にはなるかな?

あとは、派遣・請負などをやっている

大企業の策略・・・もあるか・・・

 

ある企業では自社の教室で資格を取った人と

資格なし・他社資格の場合では、

時給が違ったりします。

 

そのような企業で働きたい場合は、

何円かでも時給が高い方がいいので、

*1

そこで資格を取るのもありかもしれません。

 

医療事務経験者のおすすめ資格

実は、

内容的にはもっと難しく、現場の受けもいいのに

受験資格も必要としない

誰でも、経験者でなくても受けられる

お勧めの資格があります!

 それは・・・

 

『診療報酬請求事務能力認定試験

(医科)』

 

こちらは(財)日本医療保険事務協会主催の資格です。

こちらに合格する知識があれば、

医療事務の基本的な資格はなくてもよいのではないかと・・・

個人的には思います。

 

し・か・も!

独学でOKです!

 

実際、私も問題集と点数表だけで合格できました。

まぁ、かなり問題集をやりこみましたが・・・。

 

・問題集を繰り返す!

・やった問題の点数表関係ページへの

 アンダーライン

・点数表への書き込みや自分なりのインデックス

 

やることはこれだけなので、

あとは自分次第です。

 *2

 

はじめは解けなくても、

時間がかかってもOKです。

 

おすすめ教材と点数表

使う問題集・教科書は

6回分の過去問がついているこの一冊だけ

診療報酬請求事務能力認定試験 受験対策と予想問題集2018年【前期版】: その他各種医療事務試験にも役立つ

         ↑ 

やっと、2018/5/8現在の最新版を発見!!

買うなら最新版を!

 

 この試験は年二回あります。

そのたびに、新しい診療報酬改定に完全に対応した本が

出版されます。

(なので2018年前期版・2018年後期版。

などと表記されています。)

 

これ以上コスパがよく、

就活時に認めてもらえる資格・・・あるのかな?

(あるのでしょうが、ここではあえて気にしない!)

 

 

私が使った(買った)本は二冊だけです。

 

あとの一冊は、

医療事務として働くなら必携!のこれ!

 

職場にもあるが、自分用にも持っていたい。

診療点数早見表です。

診療点数早見表 2018年4月版: [医科]2018年4月現在の診療報酬点数表

 

この四月は本当に改定が多かった・・・。

最新版2018年4月版は4月下旬に出版されています。

 

発刊後の改定分についても出版社のHPで確認できるので安心!

 

問題を解きながら、点数表を読んでいくと

理解が深まってきます。

 

点数表にはいろいろ書き込みましょう。

このパターンだと次はこのページを参照する!と分かれば

ページを記載しておくと、探す時間が省けますよね?

 

試験には本やノートなど持ち込みOK

なので、点数表は自分仕様に使いやすく!

 

この二冊を出版している

「医学通信社」は初歩からベテランまで

幅広く「医療事務」を支えてくれている出版社です。

(出版社からは何ももらっていません。

私の感想ですw)

 

以下、リンクです。

医学通信社

 

パソコンなどの大きい画面推奨

こちらから買うと、点数表の追補が無料で

頂けるそうです!)

 

診療報酬請求事務能力認定試験  

   

日本医療保険事務協会のHPです。

 

医療事務・・・

極めるなら相当な勉強が必要・・・。

でも、パートでいいわ!という方にも

門戸が広くひらかれています。

 

もう少し、深みにはまりたい方は・・・

「診療情報管理士」

なんていかがですか?

 

blog.sayuri-f.com

 

*1:授業というか講習を受けないと

受験資格が得られないので

かなりな出費になります。

*2:最終目標は時間内に全問終わらせる!

そして、間違いをつぶすように

問題集の回数をこなす!

スポンサーリンク