さゆろぐ

50代の難病患者(SLE・SJS・うつ併発)の仕事と生活・・・全身性エリテマトーデス(SLE)・シェーグレン・うつ他

★読者登録

《ふりかえり記事・1》 今更ながら。「さゆ」ってこんな人。

スポンサーリンク

自己紹介します!

 

私、さゆは

現在、難病と共生する50代の女性です。

 

専門学校在学中から、フリーランスで

地方局のアナウンサーや在京TV局の

ナレーターやレポーターをはじめ、

イベントや表彰式・結婚披露宴司会者

ビジネスショーのナレーター・コンパニオンなど

主に「しゃべる」お仕事を約10年していました。

 

その後体調を崩し、

各地を渡り歩く仕事に体力がついていかなくなり、

一般零細企業に就職。

事務をはじめ、営業、室内インテリアの提案。

などをしながら、独学で

国家資格の電気工事士・消防設備士などを取得

 

社内に「パソコン」を導入。

取引先に先駆け、提出物をワープロ化して、

他社にひな型を提供。

 

39歳で妊娠をきっかけに膠原病の「全身性エリテマトーデス」を発症

残念ながら、妊娠も「異所性妊娠」(旧・子宮外妊娠)で

卵管とともに我が子を失う。

 

膠原病の治療を初めてまもなく

実母の「肺腺癌ステージⅣ・脳への転移あり」が発覚。

 

自身の闘病とともに、自宅看取り希望の母の看護・介護と

事務の仕事を両立。

 

無理が祟り、母の看取り後に歩くことも困難になる。

 

休職後に退社。

 

新しい職場として、

医療事務を選択。44歳での転職活動を開始。

独学で「診療報酬請求事務」などを取得。

 

クリニックで働きながら

日本病院会主催の「診療情報管理士」の2年間の通信教育を受講。

50歳で「診療情報管理士」の認定試験に合格。

 

まさかの50歳でクリニック勤務から

病院での「診療情報管理士」へ転職。

 

残念なことに、約一年で持病が悪化。

1年の休職制度を満期終了し、実質上の解雇となる。

 

現在障害者手帳2級を所持し、ハローワークで

「障害者枠」での就職活動を始めたばかりです。

 

そして、53歳の5月「ライター組合」

素人ながら参加。

 

多彩な講習を受けつつ、

自分の体調を第一に、今後の人生を再構築中

 

次の記事では、始まって1か月を経た

「ライター組合」について、書いてみたいと思います。

f:id:sayu71:20190204160058j:plain

 

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
人気ブログランキング スポンサーリンク