さゆろぐ

難病患者の仕事と生活・・・全身性エリテマトーデス(SLE)・シェーグレン・うつ他

スポンサーリンク
★読者登録

難病と仕事ー休職するしかなかった『症状』

スポンサーリンク

只今、失業中。

「休職期間満了」によっての事実上の解雇。

 

なぜ、復帰できなかったのか?

1年にわたる休職の「症状」はどのようなものだったか?

 

今現在、辛い症状と闘いながら

踏ん張って勤務している方に

なんらかの形で参考になればいいな。

と思い、恥ずかしい過去も掘り起こしながら

書いてみたいと思います。

 

退職時、私の職業は・・・

診療情報管理士」というものでした。

(この仕事、なかなかに認知度が低いので

日本病院会の通信教育のページにリンクしました。

ご興味のある方はぜひご覧ください。)

仕事の内容は本当に多岐にわたり、

同じ職種なのに所属する先で仕事内容も

かなり違ったりします。

当時の私は、資格を取得したばかり。

担当は「医事課」と呼ばれる医療事務をになう部署の中で

「入院係」(入院患者の会計計算を専門にするチームです)

の隣の「しま」に席を置き、

「DPC」と呼ばれる制度の担当をしていました。

(医療関係者、しかも入院施設のあるところで

働いていないとなかなか難しい用語ですね?)

電子カルテではない病院だったので、

入院患者さんのカルテを確認するため

毎日病棟をめぐり、病名や検査・治療についてデータを集め、

入院患者さんのデータ記入用ページを登録したり

退院が決まった患者さんのデータを仕上げて「入院係さん」へ

毎日遅滞なくデータを引き渡したり。

また「入院係さん」から計算が終わった

患者さんのデータを再度受け取り

内容確認やら計算抜けを直してもらったり、情報追加など

・・・まぁ、いろいろです。

様々な知識はもちろん

・入院係さん

・病棟(看護師さん・医師事務さん等)

・担当医

など、いろいろなスタッフとの連携がとても大切な部署でした。

 

そこに資格を取得したばかりの50歳!

しかも難病・SLE(全身性エリテマトーデス)を

クローズ(病気を勤務先に報告せずに就職・・・です。)

で就職してしまった私。

反省しなければならないのは確かですが、

現状、難病を告知して正規職員として雇ってもらうことは

かな~り難しいのです。しかも、50歳です。

(そして、独身時代に私は「今後、結婚などしない!」

と、マンションまで購入・・・住宅ローン完済まであと少し・・・。

しかも、結婚しないはずの人生でなぜか2度も結婚し、

2度目は病気の症状で正規職員はむり。なパートナー。

「働かなければならない!」事情が満載です。)

 

休職にいたった経緯

そうでした。休職した理由でした。

当然のことながら、疲れ方が尋常ではなく

昼ごはんを食べる気力もなく数分を惜しんでの睡眠。

平衡感覚がおかしく、まっすぐ歩けない。

気がつくと床にお尻をついている。

いつも痛みと闘い、痛みどめを限界まで服用。

でも、決定的にもうだめだ・・・。と思ったのは

『会話が言葉に聞こえない。(音にしか聞こえない)』

『声がどこから聞こえているのか、方向がわからない。』

でした。

他の症状は、大事(おおごと)にならなければ大目にみてもらえても

(周囲には「更年期障害」を理由にしていました。

自院で検査の結果、ホルモン値は異常なしだったのですが。)

スタッフ同士の連携が大事な部署で

『話しかけても反応が遅い。』

『大事な話をしているのに、ちゃんと聞いているの?』

と思われてしまったら、もうおしまいです。

私自身もしんどいけど、このままじゃ

時間勝負の部署に大きなミスをひきおこす・・・

信用と言う大事なものを一部のスタッフとの間で

失ってしまい、毎日、試されている精神的負担。

どんどん症状は悪化していきました。

 

悩みました。

なかなか決心なんてできません。

でも結局、「自称上司」からの

「あなた達なんていなくても、何の問題もない。

この程度の仕事、私一人でまわせるのよ。」と言う言葉で

最後の糸が切れました。

「自称上司」は期間限定の採用で、

もうすぐいなくなる人。

実際の業務はしていません。

私ともう1人の新人(資格を取得したばかりの新卒)

の2人で、「DPC」係をしていたのです。

ん?・・・。あ。

愚痴になってしまいました。

ごめんなさい。

その後、杖なしで歩行ができなくなり、

本来の上司に事情を話して「休職」にはいりました。

現場には迷惑をかけました・・・。

そのことは本当に反省しています。

 

休職後・・・

症状についてはわずかに回復しながらも

現在も治ってはいません。

なにが原因でここまで悪化してしまったのか?

膠原病・うつ病、どちらが原因かわからないままです。

頑張らなきゃならないけれど、

頑張りすぎたら壊れてしまう

今回の休職に至るまではそれに尽きると思いました。

 

迷惑をかけ退職になってしまったことは

もう変えられません。

今後、どうしていくか?ですよね。

ゆっくり、できることを探していこうと思います。 

スポンサーリンク